闘病中。


前回の更新から今日まで、本当にいろんなことがありました。


レオちゃん
只今病気と闘っています。


前回更新した日の1週間~10日前くらいに気付いたのかな。
食欲のなさがなんとなく今までと違う?
上手く言えないけど、食事の時間にイラついているというかなんというか...。
ジュリが居なくなって暫くしてからの食欲のなくなり方とは違う。
寂しそうに、張り合いをなくし食に興味をなくした感じ。
それとはどこか何かが違う感じに思えて。
でも少し前に病院にも行ったし、オッサンだから夏バテもあるのかも...と思っていました。
そう思っている時に大好きな散歩中にあまり元気がない日があって。
その日に急いで病院へ行って来ました。


a0047325_084177.jpg



検査の結果、翌日手術。
手術に耐えられるのだろうか。
無時に退院できるのだろうか。


検査結果を待つこともなく、それは悪性腫瘍だとわかるものでした。
全て取り除く事はできず、進行もかなり速いものでした。
お腹を開いたレオちゃんを見ながら現実を突き付けられた瞬間でした。


急な手術に耐え退院の日。
先生と今後について話を。
ああ、もうこのまま元気にならない可能性が高いのか...
そうか、抜糸さえもできない可能性があるのか...
と思わずにいられない会話でした。
というか、そうだったのだと思います。

それでも
なんとか家に連れて帰りたい!という願いは叶えられました。


a0047325_026444.jpg



退院してしばらくは本当に明日さえも見えない毎日。
今日なんとか生きててくれてよかった...と思う毎日でした。


入院中、退院後のレオちゃんの様子はまた書く機会があればその時に。


a0047325_037231.jpg



地獄のような日々も一旦落ち着き、なんと手術から1ヶ月以上がたちました。
もう歩けないだろうと思っていたのに散歩に行っています!
もう一度でいいからまた一緒に散歩に行きたい!という願いも叶えられました。
今日の写真は早く散歩に行きたいよーのレオちゃん。
体力はなくなってしまったけど、毎日楽しく張り切って散歩に行っていますよ。


レオちゃん、めちゃくちゃ頑張りました。
今もめちゃくちゃ頑張っています。

私はレオちゃんが退院して来た日から泣いていません。
レオちゃんの前では絶対泣くまいと家族で約束。
ご飯もバクバク食べて睡眠もちゃんと取っています。
レオちゃんのお世話をきちんとできるように。
一日一日を大事に、レオちゃんが快適に、穏やかに過ごせるように。
それだけを考えて生活をしています。

今出来る事は食事療法とサプリ頼みです。
良くなることはもうないけれど、いつどうなってもおかしくない状態だけども。
一日でも長くこの生活レベルを落とすことなく過ごせるようにみんなで頑張っています。
奇跡の復活をしてくれた漢レオちんを応援してもらえたら嬉しいです。


ジュリも応援してくれてるかな。



# by leo-jyuri | 2016-08-18 02:43 | Comments(11)

心にポッカリあいた穴



ジュリの居ない生活ももう半年が過ぎました。
少し前までは何もかもに罪悪感を感じていました。
レオちんに美味しいものをあげる時にさえ罪悪感を感じていました。
これもあれもジュリにもしてあげたかった...と。
少しずつですが、その罪悪感も薄れてきたように思えます。
暫くは薄れてきた事に罪悪感を感じたりと、なんだかめんどくさい私でした。

そういえば私ってわりとめんどくさい性格だったんだなと再認識。


a0047325_15164810.jpg



そんなこんなでいろんな事に葛藤している中。

レオちんの元気が日に日になくなってきました。
平気だった留守番もひとりでは苦手になりました。
この数ヶ月で食欲もどんどん落ちてきました。
お皿を空にすることがほぼなくなりました。
レオちんの食欲大魔王をジュリが一緒に連れて行ってしまった感じです。
(一応血液検査などには異常なしです)


a0047325_15223030.jpg



大好きだった日向ぼっこの姿も一度も目にする事がなくなりました。
庭にもほとんど出たがりません。
散歩の時だけは楽しそうにしているのでそれだけが救い。

10年一緒に過ごして来て、どこに行くのも一緒で。
そりゃ寂しいに決まっているよなぁ。
どちらかというとジュリの方がベッタリだったふたりの関係。
まさかレオがこんなにガックリとくるとは思っていませんでした。


a0047325_15264071.jpg



今さら...当たり前なのですが...
ふたりの写真を見るとやっぱりレオちんも楽しそうで。
当たり前の光景だったので、しみじみと感じたのは元気がなくなってから。

こういう状況ってだんだん慣れてきて自然に受け入れるのかと思っていました。
レオの場合、時間がたつにつれ寂しさが増していってる感じです。
そのうち帰ってくると思ってたのかも...と思わされてしまうほど。
もちろんこれは私が勝手に感じている事だけども。


a0047325_15295026.jpg



a0047325_2355597.jpg



a0047325_1530109.jpg



a0047325_1533612.jpg



外に出ると気が紛れるのがわかっているのに、暑くなってきてロング散歩は無理。
先は長いけど涼しくなったらいろいろ連れて行ってあげようと思っています。
ジュリとの思い出の場所には行けないままなのですが、もうそんなこと言ってられないしね。

今はあの手この手でなんとか食べてもらうのに必死になっています。
今のとこことごとく失敗だけど。


a0047325_1629326.jpg



a0047325_1541954.jpg



レオも私と同じように心にポッカリと穴があいてしまった状態なのかも。
私がもう一度ジュリをモフモフと触りたいのと同じで、レオもまたガウガウしたいよね。

なんとか元気になってもらえるように頑張るぞ!



# by leo-jyuri | 2016-07-04 23:36 | Comments(7)

あれから。


しょっちゅう撮っていた犬たちの写真。
あれから。
カメラを触ることができずにいました。

桜が咲いたらレオちゃんと桜の写真を撮ろうと決めていたのに。
どうしてもカメラを持てずにいました。
綺麗な桜を見るのも辛い状態でした。



突然大切な子を失くし、突然当たり前の生活を失くすという経験をしました。
恐ろしいほどひどいトラウマにもなっています。
でもその経験から当たり前を当たり前と思っていてはいけないという思いも強くなりました。
だからレオちんの「今」を撮らないと後悔するのもイヤというほどわかっていたのに...
頑張ったけど、情けないことに時間がかかってしまいました。



a0047325_22221668.jpg



情けないついでに言ってしまいますが、散歩もろくに行けませんでした。

この前、本当に久しぶりにカメラを持って、本当に久しぶりにみんなで散歩に出かけて来ました。


a0047325_22245264.jpg



ジュリのリードを持っていた片手が宙ぶらりん。
なかなかまだその状態には慣れなくて、ジュリの写真も一緒にお散歩。
(辛気臭くてごめんねー)


a0047325_22285846.jpg



ひとりで淡々と歩く散歩よりしんみりしちゃう場面も多々で、泣きながら歩いてしまったけど。


a0047325_22304027.jpg



「なんじゃその顔!いい顔してよ~」なんてレオちんに言いながら。
そこには笑いもあったりして。
泣き笑いの久しぶりの散歩道でした。
寂しかったけど楽しい散歩道でした。


笑えるのはレオちんのおかげ。


a0047325_22392184.jpg



ブログ更新もまだ少々辛く、ペースもハッキリしませんが...
温かく見守って頂けたら...と、図々しいお願いでございます。
これからもジュリの写真も一緒に(辛気臭くてごめんねー)、
レオちゃんの元気な姿を残せたらと思っています。


まだまだ引きづりまくりの未練たらたら。
小さいオッサンにガッツリと支えてもらいながら泣き笑いの毎日です。



# by leo-jyuri | 2016-05-03 00:47 | Trackback | Comments(5)